ようこそ! 「英会話スクール選びから英検やTOEIC攻略情報」へ
ポータルトップ >  TOEIC勉強法対策講座  > TOEFL iBTのレベルと試験内容


TOEFL iBTのレベルと試験内容

toeflは、英語を母国語としない人が、英語圏の大学や大学院に留学するときに必要となる試験です。そのtoeflは時代と共に試験の内容や方式を変化させてきました。現在では、toefl ibt(Internet-Based Testing)が主流となっており、これは、いわゆるtoeflのコンピュータ版なのです。

このtoefl ibtの満点は120点で、かなりレベルの高い試験になっています。ちなみに、ハーバード大学に入学するためには、110点以上が必要だと言われています。toefl ibtは、試験会場ではパソコンを使用して受験します。マイク付きのヘッドホンや、紙、鉛筆などが用意されており、私物は持ち込むことはできません。普通のtoeicとはかなり違う雰囲気です。

toefl ibtの具体的な試験方法を紹介しますと、toefl ibtはインターネットを利用したパソコンに表示される問題を各自解いていく方式です。リスニングとリーディングは、選択方式で、マウスでクリックする方法をとっています。

また、一般のtoeicにはありませんが、toefl ibtにはスピーキングの試験があります。このスピーキングの試験は、パソコンに接続されたマイクに向かって解答し、その音声を評価する形式です。

日本人にとって、英語を話すことは特に難しいと感じることではないでしょうか。その英語を話すことが試験となっており、私たちにとって厳しい試験である反面、より実践的に自分の英語のコミュニケーション力を測ることができるのです。

このスピーキングテストは、toeicで、2007年に、日本の主要都市でtoefl ibtと同じ形式で行われました。これから、ピーキングという分野は、toefl、toeicで重要な科目になってくると思われます。

歌舞伎