ようこそ! 「英会話スクール選びから英検やTOEIC攻略情報」へ
ポータルトップ >  英語検定(英検)試験対策  > TOEICと英検の比較をしてみます


TOEICと英検の比較をしてみます

TOEICと英検は、英語検定の2大試験となっています。TOEICは、日常的コミュニケーションおよび簡単なビジネス業務が行えるかを確認する、いわば実務的な英語の検定試験であり、英検はTOEICからビジネス関係の部分を除き、英語独特の言い回しやイディオムを加えてより幅広い英語力をみる英語の検定試験です。そこで、TOEICと英検の比較を、クラス別にしてみたいと思います。

まず英検とTOEICの比較で英検2級では、英検2級のレベルはかなり低く正確に英語が読めずにブロークンな英語の読み書きしかできなくても英検2級には合格してしまう場合もあり、TOEICのスコアとのばらつきが大きいようです。

次にTOEICと英検の比較で英検が準1級となると、英検準1級の方がTOEICより難しくなります。TOEICでは、スタンダードな言葉しか使いませんが英検準1級ではイディオムな使い方も含まれるため、TOEICで700点レベルでないと英検準1級の合格は難しいでしょう。

さらにTOEICと英検の比較で英検1級となると、英検1級の方がかなり難しくなります。TOEICと英検の比較で、TOEICで対象とならないような語彙まで英検1級では要求されるために、英検1級ではTIMES誌などのカバーが辞書無しでほぼ読めるようなレベル、と想定されているためTOEICでは対象とされないような五位や教養まで要求されています。

TOEICのスコアが900点以上の場合、英検1級の合格率が70%くらいではないかと言われています。

歌舞伎