ようこそ! 「英会話スクール選びから英検やTOEIC攻略情報」へ
ポータルトップ >  英語検定(英検)試験対策  > 英検の勉強法と試験対策


英検の勉強法と試験対策

英語の検定試験では、現在国内では「TOEIC」「TOEFL」「英検」の三つが三大検定試験といわれています。

「TOEIC」は、英語力を測る試験でアメリカのETSが開発したテストで、「TOEIC」は名前に「for international Communivcation」が入っており、コミュニケーションの英語力を測るもので、「TOEFL」は、北米の大学への留学希望者対象の英語の測定となります。

それに対して、「英語検定(英検)」は国内の検定であるため英語・日本語間の通訳の応力および翻訳能力に対する部分が含まれます。

このことから、英検一級では高い語彙力が要求されます。英検の勉強法・試験対策は、当然これらのことを考慮に入れておかねばなりません。英検の勉強法・試験対策には、英語と日本語に於ける通訳や翻訳の能力が求められるわけですから、同時に日本語の勉強(国語力)も必要になってくるのです。

ですから、日本語にも対応する必要がある英検は、高校や大学時代に取得する人も多いわけです。「TOEIC」「TOEFL」は、英語としてのコミュニケーション及び文書や論文対応ができるかが問われるのですが、英検の勉強法、試験対策には日本語の翻訳なども求められますから、日本語の語彙力も求められます。

英検1級試験は、「語彙試験だ」といわれる所以でもあります。英検の勉強法、試験対策には日本語の基本などを充分に勉強する必要があります。英検は受けることはいつでもできます。しかし、日本語への対応もあるため、学生時代など早い時期に対応することがよい良い結果となるでしょう。

歌舞伎