ようこそ! 「英会話スクール選びから英検やTOEIC攻略情報」へ
ポータルトップ >  英語検定(英検)試験対策  > 英検2級と準2級のレベルと合格率


英検2級と準2級のレベルと合格率

英検の2級と準2級は、2級が高校卒業レベルで「日常生活や健康に必要な英語を理解し特に口頭で表現できること」で、準2級は高校中級レベルで「日常に必用な平易な英語を理解し、特に口頭で表現できる」とされています。

特に準2級以上を取得することによって高等学校卒業程度認定試験の英語科目が免除となる資格となっているんですね。

英検での2級と準2級以下の級は、中学校や高等学校の学習指導要領を合格の基準にしています。この英検2級と準2級に合格するためには、長文を読めるようになることと、リスニングの早さになれる必要があります。

そして、この2つを克服することで飛躍的に確率が上がるようになります。

例えば、Japan Timesの記事の訳と暗記及び単語や英語のエッセイの訳と暗記と単語、仮定法までの文法問題衆の理解、、簡単な英語小説の訳と暗記と単語テストなどが効果的でしょう。

英検2級と準2級は、高校程度の英語レベルとも言われていますが、英語を通常に学んでいるだけではなかなか合格への道は開けないのも事実です。

英検の2級と準2級などの級を持っていると、大学・高校での入学試験や進学に対する優遇措置をとる学校もあり、その数は年々増えています。しかし一部では、英検の2級、準2級の合格者の中に実力のバラツキが見られるという意見もあります。

英検の2級と準2級は、高校レベルとされていることもあり高校在学中に受験する学生も多いようです。現在ではやや減ってきていますが、全部の級を併せて250万人程度の受験があるようです。

歌舞伎