ようこそ! 「英会話スクール選びから英検やTOEIC攻略情報」へ
ポータルトップ >  英語検定(英検)試験対策  > 国連英検のレベルと難易度


国連英検のレベルと難易度

「国連英検」は、国際連合公用語英語検定試験のことを言います。

この国連英検は、財団法人日本国際連合協会が主催する英語検定試験で、国連総会などで使われる6つの公用語のうち使用されること語が多い英語についてのコミュニケーション能力を検定する試験となります。

英語の検定試験が数ある中での国連英検の特徴は、国連の理念である「国際理解と国際協力」の普及活動の一環として行われていることです。

国連に対する理解と協力に繋がる英語の検定試験が国連英検です。国連英検の試験内容は、グローバルコミュニケーションのための英語力を目的としていますので、合格者の多くは国内外で活躍しています。

また、英語を媒介として政界情勢に着目している点にあります。国連英検の出題内容も政界平和や、地球環境、人権等の幅広い分野から用いられますので英語検定のみの判定にとどまりません。

また、国連英検は有名大学の推薦入試や編入試験では、国連英検を出願資格として認めている大学も多数あります。大学入試資格検定においても国連英検C級合格以上を文部科学省が英語資格として認定しているのです。大学の中では、B合格以上を履修単位としているところもあるのです。

国連英検は、クラスとして一次試験の特A級・A級・B級、C級、D級、E級のランクに分かれており、2次試験はネイティブスピーカーとのインタビューテストになっています。国連英検はコミュニケーション能力とともに世界的一般常識等も勉強できます。

歌舞伎